在宅介護の今後と求人動向の見通し

公開日:2015.12.08

在宅介護は、現在も多くの人々が利用している介護保険の中で最も身近なサービスです。在宅介護の現場で働く人達も、自宅での暮らしを支えるプロフェッショナルとして社会的な信頼も高く需要が多いため、求人数も増え続けています。在宅介護はこれからの高齢社会に欠かせない存在として重要性がさらに高まっています。ここでは在宅介護の今後の見通しと求人動向、在宅介護で働く事で得られるメリットについて紹介します。

pixta_12976022_M

在宅介護はますます重要性が高まってくる

これから団塊の世代の方が介護サービスを受ける時代がやってきますが、団塊の世代の方は、実際に自分の両親を介護保険を使って介護してきた方が多くいます。そのため、ある程度介護保険サービスの内容について理解している場合もあります。様々な在宅介護サービスを利用しながらリハビリに積極的に取り組む等、心身機能を維持していく行動に努める可能性が高いです。

在宅介護はできる事は自分で行っていただく事を重視しているサービスですので、サービスを受けながらも可能な限り自らの力で生活するという意識を持つ事ができます。利用者の能力低下を防ぎ、自立を促す在宅介護の重要性は今後さらに高まる事が見込まれます。

在宅介護の仕事の求人は増えてくる可能性が高い

在宅介護を支えるホームヘルパーの求人は増え続けており、事業所によっては人手不足で職員に人を紹介してくれるよう依頼する所もあります。自宅で介護を受ける事を希望する人が多く、また施設に入りたくても入れない状況が続いているため在宅介護の求人数が減る事は今後も少ないかと思われます。

施設数が増えてこないと必然的に自宅で介護をする必要が出てきます。介護サービスを受けている人もできる限り自宅で暮らしていきたいと考え、重度にならない限り施設入所を拒む傾向があるため、在宅介護は必要不可欠です。

一方、きめ細かい対応ができる女性の活躍の場として在宅介護の仕事は重要です。国が女性の活躍を推進している事で、介護分野も女性を積極的に社員として採用していく動きが高まり、また高齢者の増加が進む日本では在宅介護の仕事は増え続ける可能性が高いです。

在宅介護の仕事での働き方

在宅介護の仕事では様々な働き方が実現できます。週に1回3時間程度の勤務も可能で、しっかり働きたい人には夜間勤務をする事も可能です。事業所によっては訪問介護と合わせて家政婦の紹介をしている所もあり、介護保険外でのサービスを提供する働き方もあります。家政婦はホームヘルパーと比べて給料も高額であり、新しい介護職員の働き方として注目できます。

また、警備会社に所属して緊急時に駆け付ける、食事の配達を行いながら高齢者の様子を確認する、成年後見人になって在宅介護を受けている方の権利を護るといった働き方も介護職員の経験が活かせます。まずはホームヘルパーとして働き、在宅介護の課題や現状を把握する事で様々な働き方につながってきます。

在宅介護の仕事をして個人の尊厳と生活の質の向上を支援する

日本では、介護が必要な状態になると“社会的弱者”に見られる傾向があります。介護が必要な事で確かに様々な支援は受けられますが、援助が必要な人という見方をされて、人としての尊厳を傷つけられる事の無いよう在宅介護は重要な役割を担っています。

在宅介護で心身機能の維持向上につなげ、可能な限り自分でできる事は自分で行うといった支援を行います。そして自立した生活の中で健康維持、趣味活動、他者との交流といった生活に充実感が持てるよう支援する事ができます。在宅介護では“できない事よりできる事”に着目し、自宅で暮らしていくために、“できる所は自分でやっていただく”という働きかけが重要です。
→介護業界でのお仕事探しならエタンセルにおまかせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら