介護の資格を活かして介護タクシーの運転手になる

公開日:2015.12.16

pixta_19133368_M
介護タクシーは、要介護者等の増加や高齢化の進展により事業所数が増えてきているサービスです。1人では出かける事が困難な方、重度の状態で家族では病院に連れていく事が困難な方といった外出や移動に不便を感じている方々に必要な支援を行います。

介護業界で活躍する運転手は介護に関する専門的な知識や技術を有しており、今後も利用者の心身の健康と生活の質の向上に貢献するサービスとして需要が高まる可能性があります。ここでは介護タクシーの仕事内容や、働く為に必要となる条件、今後の見通し等について紹介します。

介護タクシーの仕事内容

介護タクシーでは、利用者の通院や買い物といった外出するための支援を行います。利用者の心身の状態に合わせてベッドから車いすまでの移乗介助、病院内の移動介助や医療費の支払い、薬の受け取りの支援を行う場合もあります。

事業所によっては観光地への旅行に同行する事業を行っている等、介護が必要になっても希望する外出先に出かけられるように様々なニーズに対応しています。

介護タクシーの仕事内容は所属する事業所によって異なってきます。通常は一般的なタクシーと同様の業務を行い、依頼があった時に介護タクシーの業務を担当するケースと、介護タクシーの業務を専任で担当するケースがあります。

介護タクシーの業務で運転する車は小型のタイプから10人乗りの大型タイプまで様々で、車に搭載されている機械の操作や車両の管理も大切な仕事の1つです。

介護タクシーの運転手になる条件

介護タクシーの運転手は、ヘルパー2級等の介護の資格に加えて普通自動車第2種免許が必要となります。未経験者を積極的に採用している所も多く、事業所によっては資格取得費用を補助している事もあります。

一定の経験を積んでから独立して事業所を経営するケースもありますが、その時には国が指定する条件を満たす事が必要です。

介護タクシー運転手として持っておくと便利な資格

介護タクシーの利用者の状態は様々で、運転手は状態に合わせて適切な対応を行う必要があります。優れた知識や技術を提供し、利用者からの信頼が高まると、指名されて安定した収入を得る事にもつながります。そのため視覚障害や認知症、緊急時の対応といった介護に関連する研修や資格を取得して知識を深めていく事が大切です。

また、送迎中に利用者や家族から介護に関する相談や日常会話等、コミュニケーションを取る時間が多くあります。利用者の状態把握や外出に楽しみを持って頂く意味でもコミュニケーションスキルは重要となります。

今後の介護タクシーの見通し

介護タクシーは利用者の希望する時間に合わせて外出支援を行う等、介護保険だけでは補えないサービスを提供する重要な役割を担っています。寝たきりや認知症といった心身の機能低下を防ぐ為にも外出して楽しみを得る事は大切です。

今後は高齢者の増加により、多様なニーズに対応する介護タクシーの重要性は高まってくると見込まれます。利用者や家族にとっても専門的な知識と技術を持った運転手がいる事は安心感につながります。

現在車いすの方でも安心して泊まれるホテルやバリアフリーの建物が増加している事で、介護タクシーを利用して観光や趣味活動に出かける人も増えてきています。介護が必要になって諦めかけていた旅行やコンサートの鑑賞等が、介護タクシーがある事で実現していくのです。介護タクシーは人々の暮らしの充実に欠かす事のできない存在になっています。

介護の資格を活かす働き方として介護タクシーを選び、多くの人々に楽しみや喜びを提供する事は利用者の生きがい、治療やリハビリに取り組む意欲の向上に貢献できます。

→大阪・兵庫の介護業界の求人は、エタンセルまでお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら