夜勤中の介護士は何をしているのか

公開日:2016.01.31

pixta_3371970_M

24時間体制で介護が必要な人を支援するために、夜勤をする介護士の存在は欠かす事はできません。夜勤をする介護士は施設で生活する人の健康を守る重要な役割を担う為、やりがいのある仕事です。就労を希望する人は事前に夜勤に関する情報を取得する事で、就労後はスムーズに業務に取り組めます。ここでは介護施設の夜勤で介護士が行っている業務や夜勤の勤務実態等について紹介します。

夜勤中に行われている介護業務

夜勤中の介護業務は、主に「ナースコールの対応」と「排泄介助」、「安否確認」が中心となります。利用者が就寝しているため、介護士は事務所等に待機してナースコールが鳴ったら速やかに向かいます。ナースコールを押す理由は「体調が悪い」「トイレに行きたい」といった内容が多いです。内容に応じて介護士はトイレ誘導や医療機関への連絡、利用者の話を聴くといった対応をします。

排泄介助はトイレ誘導やオムツ交換を行います。疾患の影響で夜間にトイレの回数が多くなることや尿量が多くなるケースもあります。介護士は誘導や交換だけではなく、いつもと違う点がないか観察して今後の対応につなげていきます。

安否確認は体調がすぐれない方、夜間の安否確認を希望する方の居室に伺って、就寝中の表情や呼吸の状態等を観察して状態に変化がないか確認していきます。状態の変化が見られる時は医療スタッフや医療機関、家族へ連絡を行います。夜勤を担当する介護士は、適切な情報を伝える重要な役割を担うため、緊急対応に関する知識を持っている事が大切です。

夜勤中に介護士が行っているその他の業務

夜勤中は食事や入浴といった介助は行わないため、事業所によっては合間を見て日中の洗濯物をたたんだり、介護記録や備品の整理、細かい部分の清掃、研修資料の作成、レクリエーションの準備といった様々な業務を行っています。
日中はどうしても介護業務が中心となり、別の事務的な作業に時間が取れない事もあります。夜勤時に少しでも空いた時間を見て介護以外の業務を行っています。

グループホーム等では夜勤の介護士が朝食を作る場合もあります。介護士の夜勤の業務内容については、働く前に確認しておく事が大切です。

夜勤の勤務時間と人員配置、手当は施設によって全く異なる

夜勤の勤務時間は施設によって異なります。多くが夕方から翌朝の9時~10時までですが、中には22時から勤務開始の施設もあります。夜勤では2時間程度仮眠時間が設けられており、職員が交代で仮眠を取ります。中には仮眠時間に事務作業をする人もいますが、健康管理の意味でも緊急の事態がなければ確実に仮眠の時間は休む事が大切です。

夜勤を担当する職員は施設の規模や施設の形態によって異なります。夜間に看護師を配置している所といない所があり、緊急時の連絡体制も様々です。

夜勤をする介護士には手当てが支給されます。その金額は3000円から8000円を超える所まで異なります。医療法人が経営している老人保健施設は比較的夜勤手当が高額です。夜勤をたくさん行って稼ぎたい介護士もいますが、施設によって手当てや夜勤の回数は全く違う点を理解する必要があります。

夜勤は決して楽な仕事ではありませんが、介護士としてしっかり働たい人は夜勤のある施設を選ぶ事をお勧めします。これから国が特別養護老人ホームの整備を強化する動きをしていますので、夜勤ができる介護士はより需要が高まる可能性があります。 →大阪・兵庫の介護の仕事のことならエタンセルまでお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら