看護師の転職や介護・ヘルパーの求人を関西エリアでお探しならカイゴカンゴ

介護施設での看護師の仕事~求人・転職事情は?~

新卒として看護学校を卒業したとき、まず初めに介護施設への就職を希望する人は多くはないでしょう。基本的に病院などの医療施設へ就職することが多いかと思います。

そこから介護施設に興味を持つのは、もっとゆっくり利用者とコミュニケーションを取りたいと思った時でしょうか。急変の日々に疲れた時、産後久しぶりの復帰などの時でしょうか。それでは、実際の介護施設の求人事情はどうなっているでしょうか。

介護施設での看護師の求人・転職の実態

介護施設での看護師の需要は日々増えています。超高齢化社会へ向けて、医療行為や医療処置が常時必要であっても、医療施設に長期入院することは難しくなっています。

医療行為に関する法律や法令も時代に合わせて変化し、必ずしも医療施設でなければいけない、ということも少なくなっています。結果、介護施設の中でも医療行為を必要とするケースが増えています。

介護士ができる医療行為も条件付きで増えていますが、やはり医療の知識、資格、特定の研修などを修了していなければできません。このような時代の流れから、介護施設での看護師の需要は増えています。

そうなると、看護師は入職したい時にどこでも選べるような気がしてしまいますが、それも一概にそうは言えません。やはり条件の良い介護施設は、長期で働いている看護師が多く、人の入れ替わりが少ないです。

全体的に福祉施設で看護師は不足しているので需要は高いものですが、自分の条件に合った施設に入職するには、ポイントを絞って念入りに情報収集をする必要があります。

介護施設への看護師としての転職では、その施設の「施設基準」を知る

介護施設は看護師や医師の配置基準が細かく決められています。それだけ医療行為の範囲に差があるからです。しかし、実際には数字だけでは表せない仕事内容があります。

介護施設でゆっくりコミュニケーションがとれると思ったのに、ケアや医療行為に追われてほとんど時間が無い、という施設もあるのです。

施設基準は厚生労働省のホームページとその施設の名称を照らし合わせれば分かります。それによって、医療行為の範囲などがわかりますので自分がどんな仕事をしていきたいのかを参考にしましょう。

また、今現在医療施設へ勤務している方は、その施設の医療相談員などが良い施設を知っている事も多いので、転職そのものに問題が無いようでしたら相談することもおすすめします。いずれにしても求人広告だけでなく実際に行ってその雰囲気をよく確かめましょう。

まとめ

どの介護施設でも医療体制を充実させ、看護師を充足させたいという考えはあります。ただ、人件費の面から、看護師を充足させたくてもさせられない経済事情の施設が多いのも事実です。

今現在募集をかけている施設へ看護師として入職するのは比較的しやすいのですが、自分の事情に合った条件の良い施設を探すにはこだわりを持って、転職コンサルタントなどの力も借りていく方が有利になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加