看護師の転職や介護・ヘルパーの求人を関西エリアでお探しならカイゴカンゴ

介護業界で就職するには?

ホームヘルパーになるには?

人手不足といわれる介護業界において、ホームヘルパーへのニーズは益々高まりを見せています。
勤務時間やシフトなど、ライフスタイルに合わせた働き方が可能なホームヘルパーの仕事内容や、必要な資格などをご紹介します。ホームヘルパーにチャレンジしようとお考えの方は是非、就職や転職の参考にして頂ければと思います。

ホームヘルパーとは?
ホームヘルパーとは、利用者の自宅を訪問し、食事、排せつ、入浴などの介助(身体介護・生活援助)などを通じて利用者の生活を支援する介護サービスを提供する仕事に就く方々を指します。介護福祉士の資格や介護職員初任者研修課程を修了する必要がある専門職であり、全国で約38万人が活躍しているといわれています。
仕事内容
主な仕事内容は、利用者の自宅での身体介護サービスや生活援助サービスの提供です。身体介護サービスとは、食事、入浴、排泄、衣服の着脱や移動などの支援のことです。生活援助サービスとは、調理、洗濯、掃除、買物などの援助や代行が含まれています。

また、利用者本人をはじめ、家族への心のケアも行います。さらに、重要な仕事の1つとして、家族への介護のアドバイスやケアマネジャーへの現状報告を行います。

勤務時間は、利用者のケアプランによって異なります。実際に利用者の自宅へ訪問するため、利用者とより良い関係作りが大切になります。そのために、利用者の要望を常に汲み取らなければなりません。顔色や表情から体調などを読み取る力が必要とされます。
必要な資格
ホームヘルパーに必要な資格は、自治体、社会福祉協議会、各種団体・企業などが実施している「介護職員初任者研修課程」を修了することが必要です。また、ホームヘルパーの方々が取得している主な資格は以下になります。

介護福祉士(国家資格)
介護職員初任者研修課程修了
ホームヘルパーの気になる給与・働き方は?
ホームヘルパーの給与は、事業所や雇用形態によって異なりますが、ここでは正社員・パート・登録ヘルパーについてお話します。

正社員の給与・働き方
正社員の場合は、月給制を取っており、勤務する施設によっては基本給の他に資格手当などの各種手当、賞与なども支給され、福利厚生などもあります。地域にもよりますが、大阪市内の場合、平均給与は月に17万~25万円が一般的です。

パートの給与・働き方
パート職員の場合は、時給制を取っており、勤務時間数によって給与が決定します。地域にもよりますが、大阪市内の場合、平均給与は1時間1,000円~1,200円です。

勤務に関しては、勤務日数や勤務時間をご自身のライフスタイルに合わせて相談することが可能です。例えば週3日の勤務、または午前・午後のみの勤務などがあります。

登録ヘルパーの給与・働き方
登録ヘルパーの場合は、一ヶ月間にこなした訪問ケースの件数によって給与が決定します。身体介護サービスと生活援助サービスを行う場合で平均給与は異なり、大阪市内では身体介護サービスの場合は1件につき1700円程度、生活援助サービスは1件につき1200円程度です。勤務に関しては、複数の事業所に登録し、ご自身が希望する時間帯で掛け持ち勤務することができます。
転職するには?
「ホームヘルパーとして働きたい」「ホームヘルパーに転職したい」。そうお考えなら、まずは上記の資格取得から始めなければいけません。さらに実務経験を積めば、介護福祉士やケアマネジャーへのステップアップも目指せます。
この仕事の大変なところ
実際に利用者の自宅でサービスを行うため、利用者との良い関係作りに苦労することがあります。各家庭によって独自のルールなどがあり、最初は戸惑う方もいらっしゃいます。場合によっては精神的にも体力的にもストレスを感じることがありますが、そんなときは、まず事業所のメンバーに報告、相談し、みんなで話し合うことで悩みを解決していくことが、この仕事においてとても大切です。
就業できる施設
訪問介護事業所
お気軽にご相談ください
ホームヘルパーの仕事に興味のある方は、エタンセルへ一度ご相談ください。
専任のスタッフがあなたに合ったお仕事をご紹介いたします。